« ウマズラだってウマいんです。。。 | トップページ | オーシャンリゾートホテルマホロバマインズ三浦 »

2011年12月26日 (月)

カメラネタ2です。。。

NikonD40...今でも現役です。(発売は2006年?)

Nikon40 低価格の一眼デジタルカメラのベストセラーになった名機です。キムタクが宣伝していました。画素数は610万画素ですから今の新機種の半分以下でした。

ただ、このカメラは価格が安い割には高感度に大変強く、ちょっと見綺麗な絵を撮るには私としては最高のカメラでした。いまでも様々なイベントで撮影を頼まれると失敗がないこのカメラに一番信頼をおいています。ホワイトバランスも秀逸でした。

望遠をつけているのでちょっと頭デカチに見えますが、Nikonがこんなにかわいい?一眼を作れるのってくらい小型で、発売当時は意外でした。

欠点は、ゴミ取り機構が付いていないのと、オートフォーカスや手振れ補正機能をカメラ本体に装備しなかったので、専用レンズが必要でした。素子(ローパス)の清掃は今でも1回/年程度は必要です。

ただ、このような欠点を除いても、キットレンズですらEDレンズをおごって、さすがNikonと思わせるカメラだったと思います。610万画素の一眼レフは今では販売されていませんが、このカメラは、デジタルカメラの画質は画素数ではないことを示してくれる機種だと思います。

カメラのデジタル化が普及した際、ペンタやミノルタ、オリンパス、FUJI等の光学メーカが、ソニー、パナ、カシオ等の新興の家電メーカーカメラに押された時代に、老舗の光学メーカの意地を製品化したようで頼もしかったです。

今でも現役の愛機なのですこしほめちゃいました。

失礼しました。

« ウマズラだってウマいんです。。。 | トップページ | オーシャンリゾートホテルマホロバマインズ三浦 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんは・・・・
写真大好きを感じられる「カメラネタ2」でした。先日の「ネタ1」も含めて、デジカメ進化の歴史の中のシンボリックなモデルを大切に使われていること、敬服いたしました。
でも・・・さすがにこのモデルは釣行には持参できませんね:笑
フィルム写真に拘りのあるマニアがデジカメに触手を伸ばすきっかけとなったモデルかもしれませんね。それにしても、撮像素子(LPFとはいえ・・)をユーザーに清掃させるのは、本当にマニア向けの仕様だと思いますけど・・・。家電メーカには踏み切れない判断だと思います。愛機として大切になさってください。
今年から来年にかけて「ミラーレスカメラ」が話題ですが、3年後にはどうなることでしょう? デジタル家電は読めませんね:爆

タックルバックの中には、中古のデジカメ(200万画素ですが)を常備することにしました。
12/29洋征丸からデビューです。
またご一緒したときによろしくお願いします

gomarin_qp さん しみじみしたコメントありがとうございます。
このカメラは下取りにだして、新しいNikonをかんがえることもあるのですが、なかなか手放せないでいます。ローパスにはゴミが付くし、それなりに手間がかかるのですが、jpegでも十分な画質なのと、610万画素なのでパソコンで処理しても軽快ですし。。。色合い的にはE500なのですが、人にあげるための撮影はもっぱらD40です。
今度、同じ船の際にはカメラ談義で盛り上がりましょう。200万画素の中古?私はカシオの固定焦点のカード型デジカメ(200万画素)もってます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウマズラだってウマいんです。。。 | トップページ | オーシャンリゾートホテルマホロバマインズ三浦 »